最短距離は間違い?現代野球の常識

こんにちは、ともきです。

バッティングでよく「最短距離でバットを出せ」というのをよく耳にしますよね。

実際このように子ども達に指導されている方もいらっしゃるのではないでしょうか、

今まで常識だと思っていた。バッティング理論が否定されつつあります。

子どもに野球を教えるお父さん方は、覚えておけば、お子さんに教えるバリエーションが増えますのでご紹介と僕の意見も踏まえて書いていきます。

最短距離でバットを出すのは間違い?

よく言われる最短距離というのは、ダウンスイングで、上から自分のミートポイントまでスイングをしろという指導です。

はっきり言います。それは、間違いです。

そもそもダウンスイングで打ってる人見たことありません。

多くの指導者がバットは上から最短距離で出しミートポイントからはピッチャーに向かって真っすぐ出す

という凡人には絶対に出来ない指導をし、教えている自分自身でも違和感を感じながらも、長年野球の常識であるから、こう教えておけば間違いないだろうという思いで、誰も否定も肯定もしてこなかった結果が、ちょっと間違った教えになってしまったと思います。

今は、ネットで情報が誰でも見れるし、誰でも自分の意見が言えるので、今まで持っていた違和感を吐き出すことが出来たのでしょう。

 

ですが、ここまで言っておいて、なんですが、、、

ちょっと正せば間違いではないんじゃないかと思っています。

それは、最短距離でボールの来る軌道にバットを入れる!です。

この説明では分かりにくいので、もっと噛み砕くと、バットはレベルスイングが一番いいスイングと言われてます。(レベルスイングとは地面と平行にバットを振る事と思って下さい)

そのレベルスイングの軌道とボールが通過するであろう軌道を合わせてあげるということです。

この説明で分かりますかね?(汗)

この方法だとミートポイントが点ではなく線で捉えることが出来るので、打てる確率が高まります。

ちなみに、今までの常識の上から最短距離でバットを出すとダウンスイングになるので、ピッチャーが投げる軌道と接触する部分が1点しかないので、かなり難しいバッティングフォームになります。

 

上から最短距離を意識した方がいい?

ここまで否定してきた上から最短距離理論ですが、

意識した方がいい時があります。それは、

打つ時にヘッドが下がって、弱弱しい打球が多くなって来た時です。

なぜ、意識した方がいいかというと、ヘッドが下がってると力が伝わらないんですよね。

ヘッドが下がったままにしとくと、手首壊しちゃうので要注意です。

意識してスイングすると、自然とヘッドが立ちます。

でも、スイングが壊れないか心配になる方もいるともいます。大丈夫です。

ダウンスイングを意識しても絶対にレベルスイングになります。

 

最後に

上から最短距離でダウンスイングは教えない、やらない方が良いと思いますが、視点や捉え方を変えてあげると完全に間違いではないのかなと思います。

ですが、結局は、その選手に合う合わないがありますので、いろいろ試して、いっぱい失敗して、自分の打撃理論を見つけてください。

では、また。