子どもに教え方が分からない。小学生に野球を教えたい。

子どもに野球を教えたいけど、どう教えればいいか分からない、、、

そんなお父さん達、少なからずいるんじゃないですか?

今回は小学生に野球を教えるにあたっての意識すべきことをお伝えしていきます。

 

このような悩みを持つお父さん達は、きっと、ご自身は野球経験がないにも関わらず、お子さんがやりたいと言った野球を否定せず応援している立派なお父さんです。

立派なお父さんだからこそ、息子さんに上手になってもらいたい気持ちで、何か教えられることはないかと勉強している事と思います。

本当に尊敬します。

微力ながら一応大学まで野球を続けた僕が、こうしたらいいんじゃないかということをお伝えしていくので、参考になると感じたことは是非参考にしてください。

 

まずは大きい声であいさつから

野球の事じゃねーのかよという声が聞こえてきそうですが、

まずはどんなスポーツを始めたとしても、あいさつと返事は避けて通れません。

小学生の時から大きい声であいさつ、返事が出来るようになれば、人としての第一関門突破です。

実際、僕自身会社で採用担当の業務もたまに行いますが、あいさつの仕方で第一印象が全然違います。就職活動にも役立つ必殺ツールですね。

ちょっとここで注意してもらいたいことがあります。

それは、グランド内はしっかりとあいさつをするが、日常生活ではあいさつが出来ないという子もいるので、「あいさつ、返事はグランドだけではなく、日常生活でもしっかりあいさつをする」ということ伝えてあげてください。

あいさつは絶対に将来役立ちます。教育の一環としての野球と考え、大切なことは野球を通じて教えてあげてください。

 

野球の楽しさを教える

野球の楽しさを教えるといっても野球経験のないお父さん達はどうすればいいの?と思うでしょう。

まず、お子さんに聞いてみて下さい。「なぜ、野球を始めたのか?」

きっと打つのが楽しい、投げるのが楽しい、友達がやっているから、のどれかだと思います。

打つのが楽しいという子には、バッティングを思いっきりやらせてあげてください。

投げるのが楽しいという子はには、ピッチングを思う存分やらせてあげてください。

友達がやっているからという子には、友達と思いっきり野球をやらせてあげてください。

 

これじゃ何の指導にもなってないじゃないかと思うでしょう。

ですが、「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように好きなことは勝手に上手になるんです。

無理やりきつい練習をどんなにやらせてもそんなに上達はしません。

だったら好きなことを好きなだけやらせてあげてください。

そうすればどんどん野球が好きになるはずです。

小学生のうちは難しく考えず、「野球が好き」という感情を尊重してあげてください。

 

叱り方

どんなにお子さんの野球を応援していても、やる気のない態度だったり、仲間に対しての当たりがきつかったりして、野球以外の事で注意したいと感じることも出て来るでしょう。

そのような時、感情的にならず一度どう言えば伝わるかを考えて叱りましょう。

決して感情的に怒鳴るようなことはしないでくださいね。

良い叱り方

良い叱り方を2つほど上げてみます。よかったら参考にしてください。

1、1対1で諭すように叱る

ここで一番重要なことは、1対1ということです。みんなの前で叱ってしまうとやる気をなくしてふて腐れた態度をとってしまいます。そこから叱ったお父さん自身もその態度を見てイライラしてしまうので、悪循環になります。

どうして叱っているのか理由も明確に伝えてあげてください。叱るときは子どもも大人もありませんので、自分が言われたら嫌だなという言葉は使わないでくださいね。

諭すように叱った後「お前が元気に野球してる姿が見たいんだよ」とか「仲間と楽しく野球やってくれるとうれしいな」など声をかけてあげてください。

2、部分的に褒める

叱ってはいますが、お子さんの事を嫌いで叱っているお父さんなんていませんよね。

どんなにお子さんの為を思っても、叱るという行為はマイナスの気持ちにさせてしまいます。

ですので、どこか一部分褒めてあげてください。

少しでもお子さんの気持ちをプラスのうれしい方向に持って行って下さい。

ここでも、お父さん自身言われたらうれしい事を伝えてあげて下さいね。

ほんの少しだけ、たとえば「投げ方きれいになったな」や「バット持つと打ちそうだな」みたいなちょっとしたことでいいです。

 

最後に

小学生のうちは技術的なことはとやかく言わず、人間教育としての基本や野球が好きという感情に重きをおいてください。

技術は後から勝手についてきますから

お子さんと一緒に楽しい野球ライフをお過ごしください。