野球が上手くなりたい!効率的な練習

野球が上手くなりたい!もっと上手くなって試合で活躍したい。

中学生なら私立高校から声をかけてもらえる選手になりたい。

高校生ならプロ野球、大学、社会人チームから注目される選手になりたい。

そんな中学生、高校生時期に意識的にやるともっと野球が上手くなる効率的な練習方法をお伝えできればと思います。

近道はない

いくら効率的な練習をしましょうと言っても、ある程度きつい、つまらない基本の反復練習は必要です。

でも、意識を変えるだけできつい、つまらない練習もだらだらやるより何倍も効果のある練習に変わります。

例えば、キャッチボール

アップのメニューとして何も意識せずに、ただ肩を温めるだけのキャッチボールを100球~200球やっていませんか?意味を持っていないと思っていたメニューでも意識することで意味を持ってきます。

試合を意識して1球捕るごとに素早く握り替えをし、ゲッツーやファースト送球、バックホームのイメージで投げる寸前までの動きをすれば、キャッチボールの間だけでも100~200回その練習が出来ます。

練習がある日は毎日キャッチボールをしますよね?このことを意識するだけで握り替えは極められますね。

このように、意識をするだけで練習の質が変わってきます。

近道はありませんが、1つの練習で2個も3個も他の細かい練習の積み重ねが出来ます。これは効率的と言ってもいいでしょう。

 

常に試合を意識する

先ほどのキャッチボールの話でもしましたが、試合を意識することで、すべて変わります。

これはすぐ理解できますよね。結果を出さなくてはいけないのは試合なのですから、要は練習のための練習はしないということです。

バッティング練習にしても、どこのチームでも2~5か所くらいでフリーバッティングをします。

ただ気持ちよく打つだけではなく、「2アウト2塁一本で帰ってこれる」という意識を持つだけで、1日の練習で何百回も2アウト2塁の場面で練習できます。もちろんバッティングは3割打てればいいバッターなので、実際の試合で同じ場面でも上手くいかないことはあります。

ですが、この意識をするしないで後々の自分の結果は変わってくるでしょうし、チーム全体でこの意識を持っていたらさらにここぞという場面の結果は変わってきます。

 

ノックにしても、試合で求められるのは、アウトを取ることです。

もちろん華麗な守備でアウトを取れれば申し分ないですが、中高生くらいだと、ついポロっとエラーしてしまいます。エラーすることは全然悪い事ではないです。アウトが取れれば記録上エラー付きません。

ポロっとしてしまったらすぐ切り替えて、しっかり送球!取れるアウトを確実に取りましょう。

そして、常に緊迫した場面を意識することで、実際その場面が来ても普段通りプレーが出来ます。

意識意識だが・・・

ここまで、意識しかの事ばかりで、効率的な練習内容の言ってません。

意識しか言わないくらい大切なことです。

筋トレだって鍛えてる筋肉を意識することで、なにも意識しないで筋トレするより数倍効果がありますからね。

野球はメンタルスポーツです。試合で結果を残すには、常に平常心でないと自分の持っているパフォーマンスは発揮できません。

そこで、中学生、高校生には練習の時からここぞ!という場面を意識しながら練習に励んで欲しいのです。

最後に

野球をやっている中学生、高校生よ!

意識で結果は変わるぞ!

意識するのに準備もお金もいらない!今からすぐ意識しよう。

最初は、一人で意識高くやっていると周りから冷やかせたりするかもしれないが、自分を貫け!周りに流されるな!

きっと君に引っ張られて周りも変わるはず、後悔しない毎日を送ってくれることを祈ってます。