バッターを打ち取る配球、リード。正解は?

よく監督さんがベンチで、「次、変化球くるな」や「次、真っすぐ投げたら打たれる」などつぶやいている光景は、野球を経験者は出くわしたことがあると思います。

しかも、そのボヤキ結構な確率で当たりませんか?

不思議ですよね。

配球の正解は結果論なので、バッターを打ち取れば正解、打たれれば不正解です。

キャッチャーは打ち取る可能性が高いボールを要求しピッチャーは出来るだけキャッチャーの要求に応えてあげましょう。

いろいろな考え方がありますが、基本となるリードを考えていきましょう。

バッターを観察する

初球で何を要求するか、迷いどころです。バッターからしたら、初球は待ち玉を決めていて違うボールが来ても1ストライクになるだけです。待ち玉しか打ちにいかなくていいわけです。

そこで何を要求するか、ただ漠然とストレートでストライクを取りに行っていいのか

まずは、バッターボックスに入ったバッターを観察しましょう。

前に立ったら「変化球待ちかな」後ろに立ったら「ストレート待ちかな」

バッターボックスに入る前の素振りで右バッターで右方向狙いで振ってるから「変化球待ってるな」

肩の開きが速いから「変化球弱いかな」とかいろいろボールを投げる前に情報を頭の中に入れて置きます。

と考えていてもアマチュアは大体初球ストレートから入ります。

一球投げるとまた情報量が増えます。

「初球反応しなかったな」

「打ちにいくタイミングだったが振らなかった」

「初球から思いっきり振ってきた」

バッターが反応しなかった場合、待ち玉は変化球ですのでもう一球続けてもいいでしょう。アマチュアレベルなら2ストライクまで待ち玉を変えることは少ないです。

打ちに行くタイミングだったが振らなかった場合、ストレートのタイミングで待っているけど様子見なのか、実際は違うボール狙いなのか迷うところです。ここは迷いますが、ストライクからボールになる変化球を要求してもっと情報が欲しいところです。

初球から思いっきり振ってきた場合、もう変化球です。バッターの方が上手でストレート待ってますよ、というアピールをして変化球待ちをしていたら、バッターを褒めるしかありません。

 

このような観察を一球一球毎回行う必要があります。

バットを短く持ち替えた、バッターボックスで構える位置を変えた、そもそも構えを変えてきた、などなど上げたらキリがないほど情報があります。

キャッチャーは試合中一番頭を使わなければいけませんね。もっと言えば、各バッターの毎打席も記憶し「さっきの打席あのボール打ってるから、今回はこっちを使ってみようかな」とかも考えなければならないので試合中は忙しいです。

 

アマチュアならストレート待ちが大本命

先ほどはバッターを観察して配球を決めると説明しました。

とは言え

アマチュアの大体のバッターはストレート待ちがほとんどです。

だって、ストレートを気持ちよく打ちたいから、

自分がバッターボックスに立った時のことを思い返してください。大体ストレート待ってませんか?

稀にストレートが速くて、変化球打ったほうが楽だと思うピッチャーがいない限りストレート待ちです。

この考えを逆手にとって、次、自分だったら何を待つという考えの裏を突いていく配球もありますよね。

 

最後に

バッターを観察して配球なんてしたことがないという方もいうかと思いますし、観察したところで何を要求すればいいか分からないという方もいるでしょう。

まずは、全部試しにやってみて下さい。実践に勝る練習はないですから

いっぱい失敗すればなんとなく「次はこのボール投げれば打ち取れるんじゃないか」というのが分かってきます。

配球というのは結果論ですので、正解はありませんし、打ち取れるテンプレートもありません、何回も実践して自分の中での配球を確立していって下さい。

 

 

配球, 野球

Posted by tomoki