大学、社会人野球楽しみ方

高校野球はこまめにチェックする人はたくさんいて、SNS等でもファンの方が投稿しているのをよく目にすることがあります。特に2018年に甲子園春夏連覇した大阪桐蔭のファンの方が多いなと印象です。選手プレー中の写真やプレー以外のリラックスしている姿を見るとほっこりします。

ですが、大学、社会人となるとそこまでファンの方が多い印象がありません。そこで今回は大学、社会人野球の観戦の楽しみ方をご紹介しようと思います。

高校野球ファンの方が推していた選手ずっと応援していられるような優しい世界に野球界がなってくれればと思ってます。

進路が気になる

高校野球を見ている方は、夏の甲子園が終わり多くの高校3年生が引退をして「あ~今年も高校野球感動した」だけでは終わらない、もっと応援していた選手に注目していくともちろん高校で野球には一区切りつけまた別の目標に走り出す選手もいますが、割合は少ないながらももっと先のレベルで野球を続ける選手たちもいます。そんな彼らの進路は気になりませんか?

甲子園で活躍した多くの選手は大学、社会人で野球を続けています。

そんな彼らの進路を知る方法

有名な選手は、高校野球雑誌や高校野球サイトで卒業する年の1~2月くらいに進路先が特集されます。

もちろんプロに行く選手は10月のドラフト会議で知ることが出来ますね。

では、そこまで有名ではなかったけど、あの選手の進路が知りたい、まだ野球を続けるのかなと思ったら、大学に入学した4月以降に各大学、各会社の野球部ホームページまたはブログで確認することが出来ます。

「本年度入部者のご紹介」みたいな形で発表されます。

4月以降に応援していた選手を「○○高校 ○○○○(選手名)」と検索すれば見つかるはずです。

これでまた応援していた選手をチェックできますね。

僕は、毎年各選手の進路を確認することを楽しみにしています。

大学によっては学部学科まで載っているので見ていて楽しいですよ。

 

プロのスカウト目線で見る

毎年毎年高校野球を見ている方は結構野球を見る目が肥えてるのではないかなと思います。

そこで次の楽しみ方は、自分がプロのスカウトだったらを想定して、どの選手に目をつけるかという楽しみ方もあります。

大学だと3、4年生、社会人だと2、3年目になってくると「プロに行きそうだなこの選手は」と感じる選手がたくさんいます。

もちろん選手たちもプロを目指して大学、社会人野球に飛び込んだという選手も多いです。

そんな彼らを各球団スカウトになったつもりで「この選手光るものがあるな」とか勝手に分析して楽しむのもいいと思いますよ。

 

選手同士の高校時代の関係性

大学だと高校時代有名校出身の選手もいれば無名校出身の選手もいます。

社会人だと高卒の選手もいれば大卒の選手もいます。

高校時代バチバチのライバルだった2人が同じチームになることだってありますし、高校、大学同じチームでバッテリだった二人が別のチームで戦うなんてこともあります。

そんな人間模様が見れるのも大学、社会人野球の魅力ですよね。

 

最後に

高校野球ももちろん見ていて楽しいです。

ですが、大学、社会人野球も負けないくらい見ていて楽しいです。

僕が書いた楽しみ方はほんの一例です。皆さんがそれぞれの楽しみ方で楽しんで頂けたらと思いますので、自分に合った楽しみ方を見つけてください。

もっと野球界が盛り上がるようにアマチュア野球注目してくださいね。