小学生の野球人口減少問題(指導者が怒鳴るのも原因かも?)

こんにちは、ともきです。

小学生の野球人口減少問題について何回かに分けて書いていきたいと思います。今回は指導者が怒鳴るのも原因かも?ということで僕の意見を書いていきます。

自分自身の体験

僕が、小学生のころはすごく怒鳴られました。地域でそこそこ強く伝統のある野球チームであった為、毎年親の熱の入り方がすごかったです。

今の代で弱くなるわけにはいかない!という保護者の思いが強く感じました。(指導者の前提としてその年の最上級生の保護者が務めることが多いので、そのつもりで書きます)もちろん僕の代でもそれは同じで、僕の父親はサッカー部出身なのに野球の指導をしていました。確かにスポーツ全般に通じるメンタル面やフィジカル面の指導は理にかなっていたと思います。

ですが、小学校の頃は指導者が怒鳴ることが多く、何度も野球が嫌になったことがあります。

少年野球の指導者の現状

実は、このように野球をしっかり高校までやってました。という指導者は少年野球では少ないのが現実です。

僕はこの現実は、結構問題があるのではないかと思っていて、小学生というこれからいくらでも伸びる時期に野球経験がない指導者に教わる現実、このままでいいのかと、なにか対策を打つべきではないのかと思うんです。

ですが、なかなか野球経験者が毎年保護者のなかにいることって稀ですよね。

自分がやってきてないスポーツを教えるって難しいですよね、自分が分かってないのに子どもたちにやらせるって危険ですよね。

でも、世の中には親はそのスポーツをやったことないのに子どもは一流選手になったというご家族もいます。

なぜその競技に関わって来ていないのに子どもが一流選手になれたか、

それは親御さんがその競技を勉強したからです。

俺だって勉強してるよ!と思った方もたくさんいるでしょう。知らない競技を大人になってから子供のためにと言っても、さぞ大変だったでしょう。「野球の基本」のような本を読んだり、ネットで「バッティング基本」みたいな記事をたくさん読んだと思います。その努力は本当に尊敬します。

では、どこに違いがあったのでしょうか、それは子どものモチベーションの違いです。

お父さん、お子さんに怒鳴ってませんか?言ったことを何回やってもできないからって、高圧的に叱っていませんか?

ここで考えてほしいのは、自分自身が怒鳴られたり、高圧的に叱られたりしてやる気になるかどうかです。会社で上司や取引先に怒鳴られたり、高圧的な態度をとられて「ムカつく」「腹立つ」みたいな感情が湧いてきませんか?

子どもだって同じですよ。親の分身が子どもじゃないんです。もう野球を始めるような年の子はしっかりとした人間です。

僕も、もう数十年以上昔ですが怒鳴られてり高圧的に叱られたのはしっかり覚えています。一回父親に野球の練習中に「死んでしまえ」と言われたのは、本当にはっきり覚えています。たかが野球で子どもに死ねと言っていいんですか?と今となっては思いますけど、、、

そのくらい小学生の頃の記憶ってあるんです。今小学生のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん感情的になってとっさに出てきた言葉でも子どもは鵜呑みにします。ひどい言葉が出そうになったら、一回深呼吸してから接してください。

 

すみません話が脱線しました。

指導の一番のポイント

怒鳴る!ここがポイントです。子どもはどうしても怒鳴られると萎縮してしまいます。もともと力がないのに、自分の力が発揮できなくなります。

それは、誰も望んでない結果ですよね。

子どもからしたって自分の持っている能力を100%発揮したいと思っているだろうし。

指導者にしたってその子の持っている力を発揮してヒットやいいピッチングいい守備をしてほしいと思っているはずです。

 

そしたら、もう答えは出ましたよね。

怒鳴ることはやめてください。

 

とは言え、怒鳴ることで子どもに怒られる耐性をつけて、将来社会に出たとき、怒られてすぐ会社を辞めるような人間にはなってほしくない。このような意見もあると思います。

でも、今は上司が高圧的な態度をで指導してきたらパワハラになります。今の時代は法律が弱い立場の人間を守ってくれる社会です。

 

そして、何より野球という競争も激しい、子ども同士の人間関係も難しいスポーツをやりぬいた子は強くなります。

指導者の皆さんが今教えている子ども達を信じて下さい。

あなたの教え子はそんなに弱じゃありません。

 

まとめ

怒鳴ることをやめれば、子どもたちは、野球がもっと好きになりどんどんうまくなる。何より楽しく野球をするようになります。

出来ればみんなが笑顔で野球をやることを指導者の皆さんは望んでいるはずです。

小学生の時くらいは、勝利至上主義ではなくのびのびと野球をやらせてあげてください。

その結果野球をやめる子が減って高校野球やさらに上のレベルでプレイする子が増え日本の野球のレベルの底上げにもつながると思います。

 

そして、何より僕が伝えたいこと。

子どもは野球が好きで始めたのだから、

指導者はその子が野球をずっと好きなままでいてあげさせることが一番の指導だと思います。