小学生の野球人口減少問題(勝利至上主義が原因かも?)

こんにちは、ともきです。

小学生の野球人口減少問題について2つめの意見を書いていきたいと思います。

勝利至上主義が原因かも?というテーマで進めていきます。

 

皆さんは、春や夏にテレビで高校野球を見て感動したことはありますか?きっとあると思います。野球を全然知らない人が見ても感動するくらいですから、特に夏の甲子園は、負けたら3年生は引退、後がない試合でいろいろなドラマが生まれて、毎年甲子園見るのが楽しみという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は、メディアが故意にある特定のチームや選手を持ち上げてドラマチックな展開を演出している。などメディアに対しての批判もあるようですが、僕はドラマチックな展開で野球を普段見ない人が興味を持って夏だけは見てくれたり、特定の選手を持ち上げて成り上がっていく様子を報道してその選手を有名にしたりしてくれて、いいことばかりではないかなと思っています。(ここの感性は人それぞれあると思います。)

負けたら終わりという、トーナメント方式の面白さが高校野球なのではないかなと思っています。

その負けたら終わりというルールが現代の勝利至上主義野球につながっているという裏の面もあります。

勝利至上主義の何が悪いんだ?そんな声もありそうですね。

僕は、高校野球だけはこれでもいいのではないかと思ってます。勝つために努力し目標に向かって走り続ける。

かっこいいじゃないですか、実際僕もこのかっこよさに憧れて野球を始めたので、

でも、問題なのは、勝利至上主義を小学生の頃にやってしまうということです。体力も技術もメンタルも未熟な時期に勝つためだけが目標となってしまうと、どうしても昔ながらの厳しい、怖い野球クラブになってしまいます。

ここで、今回のテーマの小学生の野球人口減少につながります。

小学生の時から勝利至上主義だと、体験入部でチームの雰囲気がピリピリ、指導者鬼怖、練習厳しいの3拍子揃ってたら、いくら野球を始めたくて体験に来た子どもは「僕には無理かな」と入部するのをやめてしまします。

親だって、付き添いで一緒に来て、そんな状況だったら入れさせないですよね。

小学生の指導は難しい

ここからは、僕が将来もし少年野球を教える立場になったらどうするかを書いていきます。(たぶんそんな日は一生来ないと思いますが、参考にはなると思います)

3つ書いていきますね。

まず1つ目、年功序列。

これは、試合のメンバーです。主に最上級生を出します、人数がいない場合は下級生からもだしますが、基本は最上級生を出します。

理由は、試合は楽しいから!残り時間が少ない最上級性から出して、楽しかった。で少年野球を終えて欲しいからです。それと僕はそもそも勝ちにいきません。選手が自分の今持っている力を全て発揮出来れば、それでいいと思っています。

綺麗事だろと思う方もいらっしゃると思います。

これは、本当にいろいろな人に伝えたいのですが、

これから中学、高校と上がるにつれ、いっぱいつらい事、悔しい事が待ってるのに小学生の時期からそんな思いさせなくてもいいでしょう。楽しくやろうよ!野球が楽しいままで成長して欲しい。そんな想いがあるので、まず一つ目は年功序列です。

 

2つ目は、適度にふざけさせる!

どういうことかと言いますと、普段の遊びでは、子どもってみんなうるさいくらい声出して笑ったり話したりしてるのに、

野球になるとなぜだか静かになりませんか?指導者に「元気出せ」と言われて、やっと声を出す。そんな不思議な事が起こるのですよ。

そこで、これは僕も体験したことがあることなんですが。ちょっとふざけてみるんですよ。味方のバッターボックスにいる選手の好きな子の名前をベンチから叫んだり、

「○○ちゃんにいいとこ見せろよー」とか言うと、なぜだかベンチにいるみんながニヤニヤしだして勝手に元気になるんです。これ嘘だと思う人は試してみて下さい。子ども達元気になりますから。

でも、ふざけ過ぎは、鬼ごっこ始めだす子も出てきて怪我につながったりするので、声だけなど制限は設けてあげるといいですね。

 

最後、3つ目は、あいさつは一音一句はっきり発音させる。

これは、もう野球部のあいさつと言ったら、「ありがとうございました。」を「アザシタ」「アットウザシタ」など良く分からないものに変えてしまう独特な文化を完全否定したものです。

僕これは社会に出てから直すのに苦労しました。なので、あいさつは一音一句はっきり発音させます。これは皆さんご納得いただける項目かなと思っています。

 

まとめ

勝利至上主義を小学生からやってしまうとチームの雰囲気が悪くなってしまって子どもにかかるストレスが大きい為体験に来た子が野球は無理かなと思うようになってしまう。

楽しさメインで指導してあげると野球楽しいという感情のまま小学生野球を終えられ、それを見た野球を始めるか迷っている子は楽しそうかなと始めてくれる。とにかく野球人口減少を食い止めるには指導者一人ひとりの考え方のアップロードが必要。

 

一人でも野球に興味を持ってくれる子が増えますように、、、

 

野球雑談

Posted by tomoki