コントロールを良くする練習方法!いいピッチャーになる為に

コントロールが良ければ球速が速くなくてもバッターを打ち取れます。

ピッチャーには欠かせないコントロールを良くする練習法をご紹介したいと思います。

よくある肝心な部分はリンク貼り付けてピッチングマニュアルや個人コンサルに誘導するようなコンテンツではなく、この記事のみで何かしらのきっかけを掴めるように進めていきます。

コントロールが良くなるといいことあるの

ピッチャーといったら剛速球でバッターをねじ伏せるというのが誰しもの憧れです。

ですが、ただ球が速いだけでストライクが入らないピッチャーは使い物になりません。皆さんが監督の立場だったらどうですか?

ただ球速の速いだけのピッチャーを使いますか?

それともコントロールが良くて安定して試合を作れるピッチャーを使いますか?

野球は確率のスポーツです。大部分の人は後者を使うと思います。

 

守りのリズムが良くなる

ピッチャーのコントロールが良いと後ろで守ってる野手が守りやすくなります。

野手はピッチャーが投球モーションに入ると同時に1球毎に集中します。

ピッチャーの投球がフォアボール続きで1~2人ランナーを出すと野手は、「またボールかよ」と思ってしまいます。野手も言葉には出しませんよ。言葉では「打たせていこー」とか言ってます。

もちろんピッチャーが一生懸命投げてるのは分かっています。野手は自分のとこにボールが来たら確実にアウトにしてピッチャーを助けたいと思っていますが、ボール先行だとだらだらしてしまいます。これが野手の本音です。

逆にストライク先行のピッチャの場合はバッターもストライクが来たら手を出さざるを得ない為、少ない球数でプレーが動きます。

プレーが動いた方が野手は集中出来るために良い守備が出来たり守りのリズムが上手く回り出します。

 

ピッチャーのメンタルも安定する

ボール先行でランナーを溜めてフォアボールがもう出せない場面で置きに行って打たれる。

最悪の点の取られ方ですよね、ピッチャーの自責点もとんでもないことになります。

コントロールが良くなると「いつでもストライクは取れる」と精神的余裕が生まれます。

この精神的余裕がすごく大切で、3ボールまで自分の好きなように投げられると思うと投球していても楽しくなっていきます。

 

連戦に強くなる

ストライク先行で投球していれば自然に球数も少なくなります。

もしピッチャーが一人しかいない場合はもちろんのことピッチャーは何人もいるから大丈夫というチームも試合では野手も疲労が溜まります。

試合時間が短ければ短いほど疲労は溜まらずに済みますし、守備の時間が短ければ、攻撃中は大半の選手はベンチで休めますからいい循環です。

このような感じでコントロールが良くストライク先行のピッチャーが試合で投げることによってメリットがたくさんあります。

 

コントロールが良くなるポイント

先にどこを意識するか結論から行きます。

軸足とリリースです。

軸足

ピッチングには軸足が大切というのは誰もが知っていることです。

でも本当に大切なのでここでもご紹介します。

軸足の股関節に体重を乗せてタメをつくる!

これが本当に大切です。これが出来ればコントロールだけではなく球速も上がります。

リリース

ボールを離す大切なところですね。

ここではリリースの位置を安定させるということです。ストレートでも変化球でも毎回同じリリースポイントに出来るようにしましょう。

 

練習法

どのように練習すればよいのか、またどのように指導すればいいのか、

分かりやすいように動画でご紹介します。

 

軸足

とても分かりやすい動画をYOUTUBEで見つけましたので参考にしてください。

再生ボタン押すだけでYOUTUBEに飛ばされないでこの記事にいたまま動画見れます。

リリース

 

 

 

最後に

コントロールを良くするきっかけは見つかったでしょうか?

コントロールがいいということは、野球においていいことだらけですから是非試してみて下さい。

世の中には様々な野球に関する情報が飛び交っています。どれを信じていいのか分からなくなるくらい情報量が多いですよね。

練習方法とかは一度試してみるのが一番いい方法かなと思っています。

試してみて自分に合うものだけを残していって継続すればいいと思います。

是非いいピッチャーになって下さいね。