ダイヤのエースから学べる事!無料で見れるサイト紹介

高校野球って青春ですよね。

高校生活3年間の中の2年半を野球だけに捧げる。

でも夢の舞台甲子園に行ける切符を手にするのは一握り。

そんな高校野球を忠実に再現されていて、アニメとしてのクオリティ高いのがダイヤのエースですよね。 (マンガもあります)

今回はダイヤのエースで学べる事について書いていきます。

僕が高校生の時にアニメやってればモチベーション違ったのになぁとつくづく思います。

 

ダイヤのエースとは

出典:https://diaace.com/

マンガ

  • 作者:寺嶋裕二
  • 掲載誌:週刊少年マガジン(講談社)
  • 掲載:1部 2006年24号~2015年7号
  •    2部 2015年38号~
  • 単行本:1部全47巻
  •     2部17巻(2019年6月現在)

アニメ

  • 原作:寺嶋裕二
  • 監督:増原光幸
  • 制作:テレビ東京、AT-X
  • 放送:テレビ東京系列
  • 期間:1期 2013年10月~2015年3月
  •    2期 2015年4月~2016年3月
  •    3期 2019年4月~

 

登場人物

主人公と重要人物だけご紹介します。

  • 主人公:沢村栄純(さわむら えいじゅん)
  • ライバル:降谷暁(ふるや さとる)
  • 先輩:御幸一也(みゆき かずや)
  • 仲良し:小湊春市(こみなと はるいち)
  • 先輩同部屋:倉持洋一(くらもち よういち)

この5人だけ知っていればアニメ途中から見ても大丈夫です。

 

何が勉強になるのか

アニメをただ見て楽しむだけでももちろんいいのですが

少し見方を変えてみるとアニメを見ながら学べるという効率の良い時間の過ごし方になります。

ここからは年代別にご紹介していきます。

 

小中学生

ダイヤのエースは本当に忠実に描かれているので、

高校野球ってこんな感じなんだなーと実感できます。

忠実だからこそ怖い面も・・・

1年生が入部して数か月間は走り込みや基礎トレーニングばかり練習でやらされてたのは、もう見たことでしょう!

あのままですからね!

少し話を盛って作ってると思ったら大間違い!というかあれよりキツイですから。

このことを踏まえて高校の野球部に入部するフィジカルとメンタルの準備が出来ますね。

でも安心してください、どんなキツイ練習も半月もすれば慣れます。

最初の2~3週間耐えれば楽になりますよ。

 

人間関係の特に上下関係はゆるく描かれているので、くれぐれも先輩と監督にタメ口聞かないように!

 

高校生

物語の舞台が高校野球なだけに自分と被せて見入ってしまう人も多いと思います。

一番ダイヤのエースから見習わなければならないのが、努力ですよね。

全体練習が終わってからの自主練の量が半端じゃないです。

寮生が多いからかもしれませんが、とにかく鬼自主練ですね。

僕が高校生の頃は全体練習だけでヘロヘロになって自主練は軽くしかやってなかったですからここは本当に見習って今現役で高校野球でプレーしている人は練習して欲しいですね。

どうせどれだけ練習しても引退した後、もっとやれることあったと後悔するので、今のうちに死ぬ気で練習してください。

 

他には、御幸先輩のバッターボックスでのヤマの張り方とかもこのくらい大胆に打つ球を決めて打ちに行く方が良いと思いますし

栄純のいつでも前向きな姿勢も勉強になります。

 

高校生はただ見ているだけじゃもったいないので自分なりに盗める物は盗んでしまいましょう。

 

大学生、社会人

 

ダイヤのエースでは片岡監督や他校の監督の独り言のような場面が多々あります。

ずばり、大学生、社会人の方は次の世代に野球を教える準備をしていただきたい。

これは今現在野球をやっている、やってないにかかわらず

いつどこで子ども達に野球を教える機会がやってくるか分からないのでしっかり勉強してください。

もちろん僕も勉強させていただいています。

もうすでに子どもに野球を教えてるよ!という方もいらっしゃると思いますので、アニメですが指導者の目線からの学べることがたくさんありますので、どうぞ参考にしてください。

 

ダイヤのエースはどこで見れるのか?

 

毎週火曜日17時55分からテレビ東京系列で放送しています。

仕事で見れない、学校、部活で見れないという方は

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】

31日間は無料です

スマホで見れますんで、通勤通学中の隙間時間にもダイヤのエースが見れます。

 

最後に

 

ダイヤのエースで勉強になる点は分かっていただけたと思います。

野球に対する姿勢、勝負でのやり取り

参考になる事がたくさんあります。

ただのアニメとして見るのはもったいない、

技術、考え方を盗めるところから積極的に盗んでいきましょう。

ダイヤのエースを見るならこちらから 

いい野球ライフにしましょう。