高校野球引退後の引退ライフ!最短14日間で学校にバレずに運転免許が取れる。

2019年10月5日

残念ながら高校野球に一区切りついた選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

これからは普通の高校生として高校生活を送れますね。

ここからの半年間は、本当に楽しいので期待していいと思います。

楽しい高校生活を目前にした皆さんにひとつ為になる情報をお話しします。

高校野球引退後まず考えた方が良いことは車の運転免許の事です。

4月5月6月7月生まれの方は、今すぐ教習所に通えます。

それ以外の誕生日の皆さんも予約は今すぐできます。

僕なんて、夏の大会負けた翌日教習所に電話して予約しましたw。

 

高校在学中に免許取って、まだ持ってない仲間に自慢したいですよね。

僕もそう思っていたので気持ちすごく分かります。

出来れば、夏休みや冬休みなど長期連休でちゃちゃっと免許取りたいですよね。

でもね、地元の教習所に通いで行くと夏休みなら可能だと思うけど冬休みだと絶対冬休み期間中には終わらない。

短期間に集中して免許を取りたいという人には合宿教習をおすすめします。

合宿教習のメリットを5つお伝えします。

 

とにかく早い

最短オートマ車で14日、マニュアル車で16日

これがどのくらい早いかというと、一般的に近くの教習所に通いで行くとすると1か月~2か月かかります。

合宿はめちゃくちゃ早いです。

合宿免許ドリーム

 

無駄な時間を過ごさなくていいというのは、ものすごいメリットで高校時代を野球で2年半も費やした皆さんは特に時間は貴重です。

高校時代に野球以外の思い出もたくさん作るのに教習にばかりに時間は使えませんよね。

ですので高校球児の皆さんには合宿免許をおすすめします。

 

学校にばれない

 

皆さんの一番心配点はここかなと思ってます。

通いだと、どうしても近くの教習所にしか通えず、先生が見回りに来て教習所で会ったらばれます。

合宿だと家の近くまで迎えが来てご自身で選んでもらった教習所に送迎してもらえて、高校がある場所から車で1時間以上かかる教習所に先生は見回りに来ません。

 

ここで教習期間中に学校にばれる原因をお教えしましょう!

ずばり、先生に教習所で会うことです。

唯一の理由です。

教習所に先生が来ても教習所はその学校の生徒を教えません。

今は個人情報の保護がうるさくなっているので、たとえ先生でも教習所は教えません。

教習所で先生に見つからなければ学校にばれないので、遠くの教習所に行った方がばれる可能性は低くなりますよね。

高校生には合宿教習は最高の場所です。

 

価格が安い

 

きっとお金は親御さんに出してもらうと思うんですよ。それか親から借りるか。

どちらにしても、少しでも安くなった方が、親も助かるし、借りるなら自分も助かります。

合宿免許ドリーム

 

なぜか、合宿だと通いよりも安くなります。

むしろ宿泊費、食費、送迎費込で安いので、これを全部考えるとかなり安くなることが分かると思います。

嘘だと思ったら実際自分で調べてみるといいですよ。

合宿教習のリンクです。ここ押せば合宿教習の事全部書いてあります。

 

出会いがある

さて、野球ばっかりやって彼女も作ったことない人も結構いるんじゃないんですか?

合宿教習は出会いも標準装備だから期待して!

でも時期によってはヤンキーしかいない時期もあります。

合宿で男友達が増えても面白いと思いますよ。

地方の方言とか聞くのも面白いし「何言ってんのか分かんねーなこいつ」っていうやつも絶対いる。

 

出来れば、女の子と出会いたい!免許取ったらドライブデート行きたい!

合宿に女の子がいれば一緒に行動することが多くなるから必然的に仲良くなって妄想していたことも起こるかもしれない!

 

教習難易度が低い

 

これは、合宿をやっている教習所が甘いということではなく。

合宿を受け入れる教習所は基本的に地方の田舎が多いので、道が広くて交通量もそこまで多くないので、安心して運転できるということです。

都会の路上教習なんか運転始めたばっかりの人じゃ難しすぎ!!!!!

どうせ取るなら難易度低い方がいいと思うのでおすすめです。

 

最後に

どうですか?

合宿の方が便利そうだと思いませんか。

ひとりで何日も知らないとこに行くなんてやだという方も、友達同士でも行けますし、むしろ友達と言った方が割引が聞くのでお得ですよ。

合宿免許についてのサイトを乗せときますからゆっくり見てください。 合宿免許ドリーム

 

安い金額で出来るので、遅かれ早かれ運転免許は取に行くと思うので、教習所決める時にまたこのサイト見てもらえればいいと思うのでお気に入りに追加してみて下さい。

 

引退した高校球児の皆さん本当にお疲れ様でした。

皆さんが野球に費やした時間は決して今後の人生において裏切ることはありません。

高校で野球をやりきったことを誇りに思って今後の活躍していって下さい。

だからまず免許取ろうね。