継投を考える、最適なタイミング!高校球児の多投を防ぐ!

夏本番となり、全国各地で甲子園に向けた地方予選が開催されています。

毎年言われていることですが、ピッチャーの多投、過負荷

この多投、過負荷によりどんなに素晴らしい逸材のピッチャーでもプロや大学に進んで高校時代の肩、肘の消耗により思うような成績が残せなかったり、故障により野球自体辞めざるを得ない状況になっているのも現実です。

今や高校野球は数字の取れるスポーツコンテンツとして各メディアが煽るようにその年の逸材ピッチャーを報道しています。

僕たちもその報道を見て感動をもらっているので、一概にはこの煽るような報道を否定することは出来ません。

高校野球レベルだとピッチャーの出来次第で試合が決まってきてしまうので、どうしても球数制限をチームで設けエースピッチャーを降板させるようなことが出来ないのも事実です。

いい逸材がたくさんいる私立高校なら可能でしょうが、スカウティングの出来ない公立高校では1人のエースが頼みの綱です。

僕たち高校野球ファンも公立高校が強豪私立高校に勝利する波乱を期待してしまうこともメディアの煽りを加速させることに繋がっているのかもしれません。

とは言っても継投のタイミングはとても難しいです。

ただ単に「失点したから」「連打を打たれたから」と理由で変えてしまうとピッチャーが何人いても足りません。

どうすればいいのか。

正直答えはないと思っています。

僕が考える最適な継投を書いていきたいと思います。

 

ピッチャーをよく知っておく

継投のタイミングに欠かせないのが、自分のチームのピッチャーをよく知っておくということです。

いいピッチングをしている時、相手打線につかまり始める時、調子が悪い時

全ての状態を知っていればどのタイミングで継投すべきかが見えてきます。

もちろん試合当日のピッチャーの体調も頭に置いておかなければなりません。

このピッチャーは中盤フォアボールを連発したら、もうスタミナ切れだな

得点圏にランナーを背負うと弱気になってしまう

逆に得点圏にランナーがいるとギアを一つ上げられる

など、よく見ていればピッチャー、一人ひとりの個性が見えてきます。

 

そして、そのピッチャーが1番力の発揮できる投球回数というのも見えてきます。

まずは自分のチームのピッチャーの事を良く知ることからです。

 

思い切って投球回投球数の上限を作る

この方法は、ピッチャーが何人もいるチームには当てはまります。

投球回数は6回までや

投球数は100球までと

決めてしまえば、次のピッチャーもいつ行くのだろうという不安の中での準備ではなく、腹をくくって準備が出来ます。

そして何より1人のピッチャーだけに負担をかけることを回避できます。

 

キャッチャーに一任する

ピッチャーのボールを受けているキャッチャーが試合中のピッチャーの状態を1番把握しています。

明らかに制球が定まらない、明らかに球威が落ちているといった

明らかに変わった場合は誰が見ても分かりますが

キャッチャーにしか分からないちょっとした変化もあります。

そのちょっとした変化を情報共有して継投のタイミングに利用する方法もあります。

 

キャッチャーからの情報を元に継投してうまくはまらなかったとしても決してキャッチャーの責任にすることはやめましょう。

今後一切正直に情報を教えてくれなくなります。

 

ピッチャーが1人しかいない場合

公立校には1人柱になるピッチャーがいるけれども、そのピッチャー以外まともに投げられるピッチャーがいないということはざらにあります。

では1人しかいない場合どう継投すればいいのか?

正直、一人しかいないのであれば、行けるところまで引っ張るとしか言いようがないです。

それでも継投せざるを得ない場合は、ベンチに戻さず他のポジションを守らせて気持ちの切り替えの時間を与えてあげましょう。

少しの時間でもマウンドを別の角度から見ていることで、気持ちのリフレッシュは出来ます。

気持ちの切り替えが出来た頃合いを見計らってまたマウンドに戻してあげましょう。

この場合、多投が問題になりますが、試合後数日間はノースローで肩肘の疲労をなるべくなくしてあげてください。

 

継投が失敗したら

必ずしも継投が上手くいくとは限りません。

継投直後に失点することだってよくあります。

  • タイミングが違ったかな
  • バッターとの相性が悪かったのかな
  • 準備が出来てない状況でマウンドに行かせちゃったのかな

いろいろな失敗の理由を自問自答します。

やはり、失敗というものは多くを学ばせてくれます。

継投がうまくいった時には考えもしないようなことを失敗したときは考えます。

僕個人としてはそれでいいのではないかと思っています。

失敗の理由を考え反省して次に生かす。

これを繰り返していれば、ここぞという試合でうまく継投がはまってくるんじゃないでしょうか。

 

最後に

継投の正解はありません

どう継投しても抑える時は抑えますし

失点するときは失点します。

それでも試行錯誤していかに失点しない継投をするか

永遠の課題だと思います。

この答えが分かる人は仙人になっている事でしょう。