ピッチャーが打たれる時!抑えたい場面で慎重になり過ぎ

ピッチャーは点を取られたくない、打たれたくないと誰しもが思うはずです。

それは、小学生だろうが、中学生、高校生だろうが、草野球のおじさんでもピッチャーという生き物は打たれたくないし、点も取られたくないんです。

でも、一生に1点も取られたことないという人は、この世に一人もいないはず、

得点圏にランナーが背負っているときのピッチングを想像してください。

バッターが良いバッターだったということも、もちろんあります。

打たれる確率を出来るだけ下げたいと思いますよね。

なら、大胆に攻めましょう。

打てるもんなら打ってみろ

結論です。

「打てるもんなら、打ってみろ」精神で投げてください。

勝負は時に大胆さも必要です。

得点圏にランナーを背負っている状況での、初球。

悩みますよね。

「とりあえず、アウトローから入ろうかな」

「低めの変化球を丁寧に投げよう」

大体はこう思ってきわどいコースに投げようとしますよね。

初球

バッターは、初球やノーストライクは、自分の好きなボール、待っているボールしか手を出しません。

ということは、アウトローや低めの変化球など打ちにくいボールは高確率で見逃します。

逆にピッチャーはピンチの時こそ早くストライクを取りたいですよね。

ですので、初球は、やや甘くなってもいいので思いっきり腕を振ったストレート。

ワンストライク

ワンストライクを取った後は、バッターも少し手を出すボールのゾーンを広げるので、

ここで、アウトローや低めの変化球というのを考えていきます。

低めに丁寧に投げていれば、ファールをもらうことも出来ますし、際どいコースでストライクを取ることも出来ます。

ツーストライク

ツーストライクになったら、もう打ち取れる可能性が高くなります。

ここでは、インズバです。

インコースに渾身のストレートを投げ切って下さい。

「打てるもんなら、打ってみろ」です。

ピンチの時こそ大胆に

ピンチにいろいろ考えたっていいことはありません。

むしろ考えるのは選手ではなく監督の方です。

プレーしている選手はいつだってシンプルでいいんです。

 

 

 

 

配球, 野球

Posted by tomoki