中学は軟式?硬式?投手は軟式有利

こんにちは、ともきです。

今回は、中学は学校の軟式野球部で野球をやるのか、硬式のボーイズ、シニア等のクラブチームで野球をやるのか、どちらにもメリット、デメリットがあるので、ご紹介していきたいと思います。

中学軟式メリット

通っている中学校の野球部は大体軟式野球部だと思います。(一部私立の中高一貫校では、中学野球の硬式クラブとして登録しているチームもあります。)

中学軟式メリットを2つ上げていきます。

1つ目は、何より一番は、授業が終わったらそのまま練習に移行できる点ですね。硬式のクラブチームはどうしてもグラウンドまでの移動があり時間をロスしてしまいます。そして毎日部活があるということ、中学生くらいの体力も技術も未熟な時期は、ある程度数をこなさないと上達しませんので、毎日部活があり練習出来るという環境はとてもいいメリットですね。

2つ目は、プロ野球で活躍する投手は中学軟式出身の方がいい成績を残している傾向にあります。これはたまたまかもしれませんが、2019年シーズン日本人開幕投手の全員が中学軟式出身でした。少し紹介しますね。

西武 多和田真三郎(沖縄県中城村中城中)

ソフトバンク 千賀滉大(愛知県蒲郡市中部中)

日本ハム 上沢直之(千葉県松戸市第一中)

オリックス 山岡泰輔(広島県広島市瀬野川中)

ロッテ 石川歩(富山県魚津市西部中)

楽天 岸孝之(宮城県仙台市柳生中)

広島 大瀬良大地(長崎県大村市桜が原中)

ヤクルト 小川泰弘(愛知県田原市赤羽根中)

読売 菅野智之(神奈川県相模原市新町中)

横浜 今永昇太(福岡県北九州市永犬丸中)

中日 笠原祥太郎(新潟県新潟市新津第二中)

阪神はメッセンジャー

綺麗に日本人開幕投手は中学軟式出身なので、投手は軟式出身の方が伸びしろがあるのかもしれませんが、これは、間違いなくメリットだと思います。

中学軟式デメリット

ここからは、中学軟式のデメリット2つ上げていきたいと思います。

1つ目は、野球部の顧問が野球をやったことがない。これはよくある話で、顧問はすべて先生の中で回していきますので、ひとつの中学校で野球をやったことのある先生がいない可能性もあります。この問題は保護者や生徒ではどうにも出来ない問題ですので、このような状況になった場合は硬式に移るか諦めましょう、、、

2つ目は、そもそも人数が集まらない。今は少子化や小学生の野球人口減少中学校の野球に人が入部しないということが起こっているようです。

3学年で9人集まらないような中学校野球部もありますので、そのようなチームは他の中学校と合同チームとして大会に出ざるを得ません。そこでの一番のデメリットは、合同チームは総じて勝てないということです。

中学生ともなれば、多少勝利に執着して目立って、出来れば私立高校からのオファーが来ることを目標にしたりしますよね。それが難しい。(なかには勝てないけど才能を見いだされてオファーが来る子もいますが)

人数が少ないというのは、僕らもこうやって野球の事を発信し続けて現状が変わればとは思っているのですが、今はこのような現状です。

中学硬式メリット

中学硬式のメリットを2つ上げていきます。

1つ目は、硬球に慣れることが出来る。

中学まで野球を続けている子は、高校でも野球をやりたいと思ている子が多いはずです。高校野球は基本的に硬球ですよね。中学から硬球でプレイをしていれば何の違和感もなく高校に行っても野球をやることが出来ます。

特に軟式出身の子は、守備で苦労することが多いです。ボールのバウンドが全然違いますし、硬式は打球が速いので、ポジション取りも軟式とは全然変わってしまいます。

その点、中学で硬式をやっていた子はスムーズに高校野球に移行できていたと思います。

 

2つ目は、上手くなれる環境に身を置けるということです。

中学で硬式をやろうと考えている子は少なからず、意識高いです。(中には中学校に野球部が無くて硬式やる子もいますが)

その意識が高い子が多いチームに身を置くと、意識高いことが普通になり、みんな引っ張られていきます。

今は中学生でも打ってスタンドに放り込んでしまう子もいます。そんな同世代の選手を見て、刺激になり、もっと練習しなければと自分で考え行動する子が多い傾向にあります。

 

中学硬式デメリット

まず、は怪我の問題です。

中学生は、骨も筋肉も未熟です。その時期に軟式球より重い硬球を使うことは、怪我のリスクが高くなります。

僕の知り合いで、中学で硬式をやっていた子は、大なり小なり怪我を抱えて高校で野球部に入部していました。結局高校入学当初は軟式出身の僕らなんかより上手かったのに、怪我の影響でまともに練習が出来ずかなり残念な結果に終わってしまいました。

 

ここからは、親御さんメインの中学硬式デメリットですが、

ホームグラウンドを持っているチームが少ないということです。

ホームグラウンドが無いということは、毎日または毎週別々の場所での練習、練習試合が行われるので、子ども達が自転車で行ける場所もあれば行けない場所もあります。そうなると必然的に親御さんが送り迎えをする手間が増えますね。

 

もう一つ、お金が中学軟式野球部よりかかるということです。各チーム独立した組織なので、チーム運営のお金は部費頼みになります。

調べたところ中学硬式のクラブチームの部費は、¥10,000-~¥25,000-くらいですね。

このくらい子どもがやりたいということに投資出来れば問題ないですが。

 

 

まとめ

軟式も硬式もどちらもメリットデメリットがあります。

そして、どちらの環境でも上手になります。

中学での進路は、親御さんが両方のメリット、デメリットをお子さんに説明してあげて、判断は子ども自身にのやりたい方に決めさせてあげれば良いのではないかと思います。

もちろん野球以外の選択肢も否定してはダメですよ。

親も子どもも楽しい野球ライフにして下さい。