バッティングの間、間?マ?ま?なにそれ?

こんにちは、ともきです。

今回は、バッティングの間についてお話していこうと思います。

皆さんは、間と言われてピン!ときますか?

ピン!と来て言葉で説明できるという方は、もう立派な指導者です。その知識を子どもたちに惜しげもなく伝えてください。むしろ僕にも教えて欲しいです。(汗)

間と聞いていまいちピン!と来ない方は一緒に考えていきましょう。

バッティングにおける間の考え方

正直、バッティング理論は、いろいろな人が、いろいろな理論を持っているので、一番共感できる理論を参考にしていけばいいと思います。バッティングに正解はありませんからね。僕なんか西武ライオンズの山川選手が何で打てるのか理解できないですから、、、

では、間とは何か、僕考えでは、

各選手が100%のスイングをするに当たっての自分時間と、ピッチャーがボールを投げて自分のミートポイントまでを合わせる行為

が間だと考えています。要するにタイミングと言ってもいいですね。(厳密にはタイミングとも僕の考えでは、ずれがありますが、大まかに言えばタイミングです。)

間をうまく取るにはどうすればよいでしょうか。

割れの大切さ

間にとって重要なのは、割れです。

また変な言葉が出てきましたね。

割れとは、振りに行く寸前、足が地面に着き、手がピッチャーから見て一番遠くに行ったポジション(トップ)の事です。

イメージとしては、ゴムを両手に持ち引っ張って、もうこれ以上引っ張れないというところ。

このポジションまで持っていくスピードが人それぞれ違います。

構えからトップを作ってしまっているという選手でも打ちに行くときは必ず手を一回後ろに引きます。

すごく簡単に説明すると右バッターだと、左足と持っているバットが一番遠いところです。

この割れの時間を自分で把握してないとダメですね。ストップウォッチで測れ、とかではなく感覚的にです。(バッティングは感覚が大変重要ですが、他人がその人の感覚を教えることは、まず不可能なので、抽象的に説明する部分が多々あります。)

練習方法

間の練習方法として一番有効的なのは、スローボールを打つことです。

14m~16mの距離から60㎞~70㎞のスピードでいいと思います。

または、5m位の距離からゆっくりトスしてあげてもいいかもしれません。(前ティーですね)

割れをすごく意識してください、意識、意識、意識がいつか無意識になります。それまで練習してください。そしてどんな練習にも共通ですが、結構な数をこなさないと分かってきませんので、いっぱい練習してください。

この練習は、肩の開きが早い選手には一石二鳥の練習です。

最後に

間、タイミングは各選手の感覚が重要な部分で具体的なことを言えずすみません、、、

ですが、数多く練習していけば、その感覚的な部分が磨かれ絶対上達します。

全員が納得できるバッティングが出来る様祈っています。